何の為に商標登録を行うのか?

商標登録を行うメリットとは!?どうして商標登録を行わないといけないのか? - 何の為に商標登録を行うのか?

何の為に商標登録を行うのか?

本記事では、世の中の経営者がどうして商標登録をおこなっているのか、そのさまざまな理由と魅力についてご紹介いたします。

商標登録を完了することで自社のビジネスを保護できます。

商標登録をおこなう最大の意義とは、自社のビジネスを保護するということです。
いつまでも商標登録を完了しないでビジネスをおこなっていると、業績を上げれば上げるほどに、他者のライバルに自社の商標を真似されるリスクがあがります。
どんどんほかの人間が同じ、または類似したビジネスをおこないはじめたら、最初にはじめた自社が健全に収益を上げることが困難になります。
商標登録は、そのような不公平で混沌とした事態を避けて、健全な経済社会の活動を保護するためにおこなわれるものです。

登録した商標の使用を許可するライセンス契約や使用許諾で新たな利益が得られます。

商標登録しておけば、自社のビジネスを保護した上で、その権利を利用してさまざまな形で新たな収益を追求することが可能です。
たとえば、自社がそのビジネスをおこなっていることを踏まえた上で、その商標を利用したい経営者があらわれれば、登録商標の使用を許可するためのライセンス契約や使用許諾によって利益を得られます。
同時に、登録した商標を利用して他者の経営者にもビジネスをおこなってもらうことで、その経営者のビジネスが軌道に乗れば乗るほどに自社の宣伝にもなります。

ビジネスから撤退する際に、登録した商標をほかの経営者に譲渡することで利益を得られます。

自社のビジネスをかんがみて、現状から将来の行く末を考えたときに、もうこのビジネスで利益を上げることが難しい状況ならば、商標を手放すことでも新たな利益を得られます。
まず、自分の判断では難しいと思っても、ほかにまだまだ利益を追求できると判断した経営者があらわれれば、その経営者に商標を売りつけることが可能です。
また、さまざまな事情により、経営が難しくなった商品やサービスをリビルド、再建することで新たな価値を創造することをなりわいとしている企業も存在します。

商標登録を完了しているだけでビジネス領域を広げる可能性が高まります。

一部のインターネットショップやデパートなどに出店するために、商標登録していることが条件となっているケースが存在します。
つまり、商標登録を完了しておくと、世の中の風潮やトレンドに合わせてビジネス領域を広げる際に、その可能性を高めることにつながるということです。
商標登録が完了するためには、平均して4から6か月程度の時間が必要とされているので、一刻もはやく特許庁へ願書と必要書類を提出しておくことをおすすめします。

商標登録によって自社のイメージと信頼感が向上します。

kuliug
商標登録した上でビジネスをおこなっていると、それだけで取り引き先とお客様の自社に対する信頼感とイメージが向上します。
商標登録には少なからず手間とお金がかかるために、商標権を取得しておくことは、それだけそのビジネスに対して真剣に取り組んでいる証と言えるからです。
そのビジネスが会社にとって重要であるならば、対外的にアピールするためにも商標登録しておくことをおすすめします。

商標登録を完了することで、既存のビジネスの収益を保護しつつ、さまざまな形で新たな利益を追求することが可能です。
ビジネスが軌道に乗り、真似してくるライバルがあらわれる前に、価値あるビジネスは一刻もはやく商標登録しておくことをおすすめします。

Copyright(C)2016 何の為に商標登録を行うのか? All Rights Reserved.