失敗しない遺品整理業者選び

身近な人が亡くなってしまったら遺品整理を行わなければなりません。遺品整理業者を選ぶ際の注意点とは? - 失敗しない遺品整理業者選び

失敗しない遺品整理業者選び

身近な人が亡くし悲しみを乗り越えた後、一番最初に訪れる課題に遺品整理があります。
その人を身近に感じていたいという思いから片づけることができなかったり、見るのもつらく手がつけられないといった人もいるでしょう。
しかしながら、人はいつか亡くなるものです。形見分けは大切ですが、どれもこれもを取ってはおけないのが現実です。
そんな時、もし配偶者や回りの人が多忙であったり高齢者で重たいものの扱いが難しい場合はどのようにしたらよいのでしょうか。
正解は、プロの遺品整理業者にお任せすることです。

遺品整理業者に依頼するにあたって

いくらプロとうたっていたとしても信頼ができない人に大切な故人の私物を任せることはできません。
需要がある現在では多くの遺品整理業者を見つけることができますが、仕事を任せることができるかどうかの見極めは、大切です。
まずは料金に関してですが、妥当であるかをいくつかの業者に見積もりをお願いする中で確かめてみるとよいでしょう。
失意の中で、お金に関して執着がなくなり法外な値段を払ってしまう人もおりそこにつけこむ悪徳業者も存在します。
また、安さ重視で選んだ結果、いい加減な仕事であったり当初の内容と異なりトラブルになるケースもあるのです。
また、遺品整理業者は廃棄物運搬の資格と古物商の資格を持ち合わせている必要があります。
証明書の提示を行わない会社は無資格で仕事を請け負っていると疑った方がよいといえるでしょう。
また、スタッフの対応が適切でかつ真心があるかどうかを判断することも大切です。
多くの廃棄物を扱う仕事をしている人に遺品が大切であるかどうかの判断はつきません。
そのため未経験のスタッフが大切な故人の形見を親族に確認することなく処分してしまったとトラブルになるケースもあるようです。
遺品処理を看板に掲げていたとしても、遺品処理の経験を積んだ人がいなくては依頼したことを後悔する結果にもなりかねません。
優秀なスタッフが在籍していること、また大切な遺品があるという場合には必ず、処分の前に親族に破棄の対象になる物かどうかを確認するよう伝えておくことが大切です。

形見分けでトラブル回避

遺品整理をするにあたって、不要品の回収の前に大切な儀式が近親者内での形見分けです。
故人との思いでの品を分け合い大切に残しておくものですが、場合によっては受け取り側の負担になることもあります。
高額な商品の場合贈与税などが必要であったりする場合もあり弁護士に相談といったこともあり得ます。
tyjtdjd
決して押しつけにならないよう配慮が必要です。
また取り仕切る人の判断で不公平が出ないようにするということも大切なことです。
近しい者同士が遺品を取り合うなどといったことは故人にとって最も残念なことです。
今では終活といって自分の死後の整理をあらかじめしておくということが注目されています。
遺された遺族の間でいざこざが起きないよう生前贈与をしたり、また遺言などを書き留めたエンディングノートを作成することもあります。
それにより遺族が故人のガイダンスに従い遺品の整理をすることができ、残りは業者に一任するといったことが気持ちよくできるのです。
必要な項目がすでに記載されている便利なものも売り出しているので、自分の死後のことを考えて作成するのはもちろん、親族にも勧めてみるのもよいかもしれません。
改めて書き出してみると、自分の身の回りの必要不必要を見直すことができ、よりよい生き方をすることにもつながるかもしれません。

遺品整理おすすめ業者

遺品整理110番|1R40,000円から経験豊富なプロが対応

Copyright(C)2016 失敗しない遺品整理業者選び All Rights Reserved.